やまゆり(富士見町)|うどんとパンと古民家と。訪問レポ

先日、富士見町にある「やまゆり」といううどんとパンのお店に行ってきました。

車で行くとめちゃくちゃわかりづらい場所にあるので、そのへんの詳しい情報も記事の最後に併せて載せていきたいと思います。

お店は趣のある古民家

やまゆりは古民家を利用したお店です。大正時期に建てられたのかな?

あと、噂によると看板猫がいるようで、入り口には猫用のエサが置いてありました。

でも残念ながら今回はその猫ちゃんには会えず(;_;)

玄関から入ると広々とした土間が広がっていました。

カウンターの前には美味しそうなパンも!昼過ぎの訪問だったので品揃えはあまりありませんでした。

お店に入ってパンを目にしたときから私の頭の中は「どの子(パン)をお持ち帰りしようかな〜w」ということばかり考えていたのは内緒。

メニューは至ってシンプル

まずはカウンターの前でメニューを選んで注文します。

かけ・ぶっかけ・しょう油のいずれかから選んでうどんのサイズ(小中大)を決めます。

とってもシンプルなメニューで素敵!

注文が出来上がったらカウンターまで取りにいきます。

私が今回頼んだのはぶっかけ(小)の梅トッピング。

手作りの麺は太目でこしが強くモッチモチ!歯ごたえがあります。

よく噛んでよく噛んで、小麦の味まで感じられる素朴だけどとても美味しいおうどんでした。

やまゆりのアクセス

初めて行くと確実に駐車場がどこにあるのか迷うので詳しく追記しておきます。

住所:長野県諏訪郡富士見町境8068

駐車場:県道17号線から住宅街に入り、舗装された道が途切れた奥が駐車場となっています。

「P」という看板も立っています。

駐車場からは南側にある細い下り道を下りていくとお店があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。